第6回全日本フルコンタクト空手道選手権大会出場募集開始!!

東日本大震災復興支援チャリティー 骨髄バンクチャリティ-
第6回全日本フルコンタクト空手道選手権大会

■開催日 : 2020年5月30日(土)・31日(日)
■会場 : エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)
■主催 : 全日本フルコンタクト空手道選手権大会実行委員会・公益社団法人全日本フルコンタクト空手道連盟
■後援 : (公財)日本骨髄バンク・厚生労働省・国土交通省・スポーツ庁・大阪府・大阪府教育委員会
大阪市・大阪市教育委員会・エフエム大阪・ジェイスポ-ツ他(予定含)

■部門 :
男子(軽量級60kg未満・軽中量級60kg以上65kg未満・中量級65kg以上75kg未満・軽重量級75kg以上85kg未満、重量級85kg以上)
女子(軽量級50kg未満・中量級50kg以上55kg未満・軽重量級55kg以上60kg未満、重量級60kg以上)

■応募資格 : 公益社団法人全日本フルコンタクト空手道連盟の正/準会員である流派団体に所属・登録している高校生以上の健康でかつ感染症などの疾患がない男女(女子は大会時に妊娠していないこと)。
但し日本国籍を持たない外国人選手については、所属長である正/準会員が6カ月以上の日本在住を証明する
場合に限り資格を有するものとする。

■試合形式 : 全日本フルコンタクト空手道連盟試合規約に準じた直接打撃制組手競技

■申込方法 : 申込選手の所属団体で一括してお申込みください。各団体代表者は、別紙「団体申込書」に必要事項を記入の上、団体所属の申込選手の出場申込書類(下記の1~3)を添付してご郵送ください。
選手が1名の場合も必ず「団体申込書」の送付をお願い致します。
なお、大会当日時点で18歳未満の出場選手については、ドーピング検査を含むドーピングコントロール手続に対する親権者からの同意書「18歳未満競技者親権者同意書」の提出が必要(出場誓約書とは別途)となります。
1.出場申込書/誓約書(18歳未満は保護者連署要)、
2.18歳未満競技者親権者同意書(大会時に18歳未満の選手のみ対象)、
3.写真2枚(縦4cm×横3cm、カラー・モノクロ不問、本人正面・単身・道着着用で裏面に所属団体道場と氏名・出場階級を記載)
また、出場料(15,000円)を下記の要領にてお支払いください。
出場料の支払期日は下記の申込締切に準拠しますのでご注意ください。
なお、主催者の判断で出場をお断りする場合に限り、出場料をご返金いたします。
トーナメント発表後に欠場した場合も出場料はお支払いいただきます。
詳細情報やゼッケン等は、団体申込書に記載のゼッケン送付先住所に5月初旬に郵送予定です。

■申込締切 : 2020年3月2日(月)大会事務局必着(出場料については下記口座に必着金)

■注意事項
①本大会より男子は5階級での開催となります。出場申込の際、お間違いないようご注意ください。
②出場選手(同伴セコンドも含む)は、主催者が設けた全ての規約、規制、指示に従って行動してください。万一、粗暴・非礼な立ち振る舞い(主催者判断)を確認した際はその場で出場資格を取り消すだけでなく、以後の大会についても、該当選手及び所属流派・団体の出場をお断りいたします。
③大会セコンドの入場に際しては1Fアリーナ席のチケット購入が必要となります。セコンド用の入場チケットの配布はありませんのでご注意ください。
④体重計量は、大会前日(5/29)夕方及び大会初日(5/30)試合前に行います。詳細はゼッケン発送時にお送りする「出場案内書」をご確認ください。
⑤不慮の事故などで大会出場が不可能になった出場選手は、速やかに大会事務局宛に連絡してください。
⑥出場選手が正当な理由なく試合放棄した場合、以下の場合を除いて15万円の弁償金を支払う事になります。
1. 大会医師の診察を受け、その結果試合続行不可能と判断された場合。
2. 試合直前又は試合中に本人に関する不慮の事故が発生し、大会実行委員長より退場を許可された場合。
⑦申込者人数が規定に満たない部門は開催を取り止める場合がありますことをご了承ください。その際出場料はご返金いたします。
⑧出場選手の肖像権は主催者に帰属します。出場選手の映像や画像(氏名や住所の一部等も含む)は、主催者が発行する広告、出版物、ホームページ等に使用することがあります。また、各種メディアが取材する場合があり、映像や画像が放映、掲載される場合があることをご了承ください。
⑨本大会は日本アンチ・ドーピング規程に基づくドーピング・コントロール対象大会となり、出場申込をされた時点で日本アンチ・ドーピング規程にしたがい、ドーピング・コントロール手続の対象となることに同意したものとみなします。また、未成年者
(18歳未満)については、ドーピング検査を含むドーピング・コントロール手続に対する親権者からの同意書を大会事務局へ別途提出していただいた選手のみ出場が可能です。万が一、ドーピング検査(尿・血液等検体の種類を問わず)を拒否又は回避した場合、検査員の指示に従わない場合、帰路の移動等個人的諸事情によりドーピング検査手続きを完了することができなかった場合等は、アンチ・ドーピング規則違反となる可能性があります。アンチ・ドーピング規則違反と判断された場合には、日本アンチ・ドーピング規程に基づき制裁等を受けることになるので留意してください。また、血液検査の対象となった選手は、採血の為、試合終了後2時間の安静が必要となりますので合わせて留意願います。日本アンチ・ドーピング規程の詳細内容及びドーピング検査については、公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構のウェブサイト(http://www.playtruejapan.org)にて確認してください。
⑩大会及び付帯行事で発生した全ての負傷や事故は出場選手の責任において処理するものとします。この場合、主催者は主催者賠償保険の範囲内で補償をしますが、その範囲外の責任は一切負わないものとします。
⑪お預かりした個人情報は主催者にて厳重に管理し、大会での連絡業務以外の目的で許可なく使用することは一切ございません。
⑫主催者の判断によって、本大会に関する事前告知のない変更が生じる場合がございますのでご了承ください。

大会に出場するには、流派団体が全日本フルコンタクト空手道連盟に加盟している必要があります。
加盟に関しては事務局までお問い合わせください。
TEL. 03-5227-7855(担当:高野)

申込書類ダウンロード


【第6回JFKO大会】出場申込書団体
【第6回JFKO大会】出場申込書個人
【第6回JFKO大会】未成年同意書(大会当日時点で18歳未満の出場選手)

【問合せ・申込書送付先】 
公益社団法人全日本フルコンタクト空手道連盟
【住所】 〒162-0814 東京都新宿区新小川町9-20-2F
【TEL】 03-5227-7855
【FAX】 03-5261-3661

第6回全日本フルコンタクト空手道選手権大会はスポーツ振興基金助成事業申請活動です。



第6回全日本フルコンタクト空手道選手権大会ドーピング検査はスポーツ振興くじ助成申請活動です。

Follow me!