第5回全日本大会トーナメント発表

2019年5月18、19日に開催される第5回全日本フルコンタクト空手道選手権大会のトーナメント表です。

第5回全日本大会トーナメント


フルコンタクト空手の日本一を決するだけではなく、来年2020年に行なわれる「第1回全世界フルコンタクト空手道選手権大会」の日本代表選抜戦でもある今大会。男子各階級上位3名、女子各階級上位1名の狭き門を突破し、世界への扉を開くのは誰なのか。昨年開催された「第1回国際フルコンタクト空手道選手権大会(JFKO国際大会)」のチャンピオン8名を含む総勢420名が、男女各4階級に分かれて王座を争う。

 男子重量級は、第1回JFKO国際大会重量級王者の入来建武が優勝候補の筆頭となる。同大会の決勝戦で勝利を収めたライバル・島本雄二が不在の今大会で、負けるわけにはいかない。王座戴冠をはたし、日本重量級のエースとして世界大会へ向かうことができるか。対抗は、第1回JFKO国際大会重量級3位の落合光星。182cm、125kgの日本人離れした体格を武器に、一気の頂点獲りを狙う。ふたりに続くのは、昨年の国際大会重量級ベスト8で、第4回JFKO全日本重量級準優勝の亀山真、同決勝で亀山を破って第4回JFKO重量級王者となった山口翔大か。さらに、清水翔希、後藤優太、芦髙侑平、長野義徳も優勝圏内にいる。

 男子軽重量級は、切れ味鋭い足技を武器に、第1回JFKO国際大会軽重量級を制した加藤大喜、同準優勝で、30歳を超えてもなお第一線で活躍を続ける島本一二三が中心となるだろう。2017新極真会全世界ウエイト制軽重量級王者の前田勝汰、新極真会の無差別級全日本大会で3年連続ベスト8入賞の江口雄智も、そん色のない実力を誇る。そこに、第4回JFKO全日本軽重量級王者の森田奈男樹、鳥原隆司、亀井元気、湯川智仁が続く展開となるだろう。

 男子中量級は、第4回JFKO全日本、第1回JFKO国際と2年連続で中量級の頂点を極めた福地勇人が不動の本命となる。打倒・福地の1番手は、越智純貴。全日本、国際を合わせ、JFKO中量級で4度の3位入賞を誇る実力者が、悲願のビッグタイトル獲得を目指す。その他、2015KWU世界大会-75kg王者の緑強志、第4回JFKO全日本中量級準優勝の緑武士、前平斗真と後迫龍輝の10代コンビ、御宮知慎悟や石野源太郎も虎視眈々と王座を狙う。

 男子軽量級は、第1回JFKO国際大会で軽量級の頂点に立っただけでなく、続く無差別級の新極真会全日本大会でも4位に入賞するなど、階級を超えた活躍を見せる岡﨑陽孝が一歩リードか。第1回JFKO国際大会で岡﨑と決勝を争った河瀬惇志、第4回JFKO全日本、第1回JFKO国際と、軽量級で2年連続入賞の寺崎昇龍、第1回JFKO国際軽量級3位の松本充史、大石航輝、魚本尚久真、平木楓、大野篤貴も岡﨑を脅かす存在と言えるだろう。

 女子重量級は、第1回JFKO国際大会重量級を制し、続く新極真会全日本大会でも初優勝を飾るなど、絶好調を維持する久保田千尋が優勝候補の筆頭だろう。第2・3回JFKO全日本重量級王者の佐藤弥沙希をはじめ、横山紀子、野邑心菜の新極真コンビが久保田包囲網を形成する。

女子軽重量級は、第1回JFKO国際大会軽重量級王者の木村敬代が実績で頭ひとつリードしている。同準優勝の浅古麗美、3位の目代結菜、神谷優良が若さと勢いで木村の牙城を崩しにかかる。

女子中量級は、第1回JFKO国際大会中量級王者の南原朱里が中心となりそうだ。昨年の決勝で南原に敗れた岡田葵、第1・3回JFKO全日本中量級王者の加藤小也香、第4回JFKO全日本中量級王者の富野真麻も上位候補だろう。

女子軽量級は、第1回JFKO国際大会軽量級で同階級の絶対女王・菊川結衣を破って初優勝を飾った水谷恋、巻き返しを図る菊川のふたりが抜けた存在だ。第4回JFKO全日本軽量級準優勝の手島海咲、第1回JFKO国際軽量級3位の成田麗が2強の厚い壁に挑む。

歴史の転換点となる世界大会の代表権がかかるだけに、例年以上に激しい闘いが繰り広げられることは必至。団体の誇りと世界への切符をかけた決戦の火蓋が、切って落とされようとしている。

第5回全日本フルコンタクト空手道選手権大会はスポーツ振興基金助成事業申請活動です。

助成金ロゴs


第5回全日本フルコンタクト空手道選手権大会ドーピング検査はスポーツ振興くじ助成申請活動です。

くじロゴs

カテゴリー: ニュース パーマリンク